便利なものほど高い計画性を持って利用しましょう。

カードローンが身近な金融商品となり、利用者が増えています。

スマホやパソコンから申し込むだけで、無担保でお金を借りられるという便利なサービスなので人気が出るのも当然といえば当然です。

しかし、利用者が増えるつれ、自分の収入では返済できないほどの借金を背負うことになり、返済に苦しんでいるという失敗談も見かけることが増えています。

そもそも、カードローン利用者は年収400万円以下の人が多いので、普段からそれほどお金に余裕のない層と言えます。

困った時にちょこっとだけ借りるなら問題ないのですが、頻繁に利用していたら、借入額はどんどん増えていってしまいます。

返済できないほどの借金を抱える人が増えていることに注目した金融庁は、2010年に貸金業法を改正し、年収の3分の1以上の金額は借り入れできない「総量規制」という法律を導入しました。

しかし、銀行は「貸金業者」ではないため、銀行カードローンは総量規制は当てはまりません。

つまり、銀行カードローンなら年収の3分の1以上も借りることができてしまうのです。

通常、消費者金融にしろ、銀行カードローンにしろ、新規利用者の借入限度額は50万円です。

しかし、しっかり返済しながら利用を続けていると、限度額が段階的に上がってきます。

「総量規制」の対象になる消費者金融なら年収の3分の1が限度額になりますが、銀行カードローンの場合はそれが当てはまらないので、人によっては年収の3分の1以上の借り入れをしてしまうのです。

こうして借金が自分の返済能力以上に膨らんでしまうという失敗を犯してしまう人が増えています。

「銀行カードローンは低金利だし、銀行という安心感があるから!」という判断で選んだのに、消費者金融でお金を借りた人よりも多額の借金を抱えて返済できないという人が増えているんですね。

そこで、金利の大小だけで判断して選ぶのではなく、自制心に自信がない人は年収の3分の1が限度額となる消費者金融のカードローンを利用することをオススメします。

実際、銀行カードローンも消費者金融も最初はそれほど金利は変わらないですからね。

限度額が年収の3分の1の消費者金融カードローン

消費者金融は年収の3分の1以上の借金はできないという安心感があります。

そもそも、消費者金融といっても、今は銀行グループに入っているところがほとんどです。

大手消費者金融だと独立系はアイフルのみです。

プロミスモビットは三井住友フィナンシャルグループですし、アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループです。

企業がお金を借りてくれなくて困っている銀行は、個人向け融資に目を向け、消費者金融を自社の傘下におさめているのです。

そういう意味では、消費者金融といっても銀行とほぼ変わらない存在になってきていると言えます。

そして、消費者金融で借りたお金は総量規制の対象になるので、年収の3分の1以上の借金をすることはありません。

年収の3分の1以上の借り入れをしようとしても、審査に通りません。

借りられる額に限度があるので、多額の借金を背負うことが物理的にできないという安心感があります。

また、融資までのスピードが銀行カードローンよりも早いというのもうれしいですね。

年収400万円以下の人にも人気のサービスとなっています。

年収400万円以下の人でも借りられる消費者金融カードローン
会社名 実質年率/
最大融資額
特徴
プロミス »
4.5%〜17.8%
500万円
三井住友フィナンシャルグループ
Web完結なら即日融資も可能、家族にバレずに借りられる。
はじめてなら30日間無利息(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
プロミス レディース »

<女性専用>
アコム »
アコム
3.0%〜18.0%
800万円
三菱UFJファイナンシャル・グループ
初めての方なら30日間無利息
最短30分で審査回答。即日融資も可能。
いつでも返済できて、利息は利用日数分だけ。
モビット »
3.0%〜18.0%
800万円
三井住友銀行グループ
10秒簡易審査。即日融資も可能。(※当日融資には14:50までの振込手続完了が必要です。)
三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座をお持ちの方なら電話連絡・郵送物がないWeb完結申込がオススメ。

総量規制に当てはまらない銀行カードローン

借り過ぎには注意して下さい!

銀行は貸金業ではないので、総量規制は当てはまらず、年収の3分の1以上のお金を借りようと思えば、借りることができてしまいます。

実際、最高融資額は700〜1000万円と非常に高く設定しています。

「たくさん借りられる」というと、いいことのように思うかもしれませんが、自分の返済能力を超えた借金を背負ってしまう原因にもなります。

便利なものほど計画性をもって利用しないと、あとあとしっぺ返しを受けることになるので注意が必要です。

カードローンの理想的な使い方は、給料日前などに足りない分だけ借りるという少額の借り入れです。

限度額が何百万もあるからと、限度額いっぱい借り入れしてしまうのは辞めるようにしましょう。

銀行カードローン
会社名 実質年率/
最高融資額
特徴
ジャパンネット銀行 »
2.5%〜18.0%

1000万円
300万円まで収入証明書が原則不要。
ジャパンネット銀行の口座をお持ちなら融資最短60分。
初めての人は30日間無利息。
金利は融資額に応じて変動するので、借りる金額が多ければ多いほど低金利に。
イオン銀行 »
3.8%〜13.8%

800万円
300万円までなら運転免許証や保険証といった本人確認書類のみで申込可能。
金利は融資額に応じて変動するので、借りる金額が多ければ多いほど低金利に。
スルガ銀行 »
3.9%〜14.9%

800万円
最短1分スピード回答、30分で契約完了。
平日昼までに契約完了なら夕方までに融資可能。
申込はWeb完結、来店・書類の郵送不要。
500万円までなら収入証明書が不要。
月3000円からゆとりの返済。
イオン銀行のネットフリーローン
4.8%〜13.5%

700万円
来店不要。
300万円まで年収確認書類が原則不要。
使いみち自由。資金使途を問わず、まとまった金額の融資が可能。
東京スター銀行 おまとめローン
5.8%〜14.8%

1000万円
すでに複数の借り入れがある人向けのおまとめローン
毎月しっかり返済できる金額を設定。
早く返済できるようなプランも設定可。
最大借入期間は10年。
正社員・契約社員・派遣社員で年収200万円以上の方限定。

銀行カードローンの総量規制をめぐる落とし穴

計画的に利用するのはOK!返済能力を超えた借り入れはNO!

銀行は個人向けのカードローンに力を入れています。というのも、住宅ローンに比べると利ざやが稼げて儲かる商品だからです。

各社金利を低くするなどのサービス競争も熱を帯び、「銀行カードローン=低金利」というイメージも出来てきました。

また、来店不要でネットのみで申込が完結できたり、300万円以下なら収入証明書の提出が不要とったサービスを打ち出している銀行も増えてます。

つまり、銀行間でカードローンをめぐる競争が過熱になっているということです。

競争過熱で懸念されるのが「貸しすぎ」「借りすぎ」の問題です。

消費者金融なら年収の3分の1までしか借りられないというルール「総量規制」がありますが、銀行カードローンは対象外なので、貸そうと思ったらいくらでも貸すことができます。

計画的に利用できる人だったらいいですが、自制心がなかったり、返済に向けた計画性を持たない人だと、借金が原因で人生を失敗に導きかねません。

このように、総量規制には落とし穴もあるので、銀行カードローンを利用する人はしっかりと計画性を持って付き合うことが大切です。

特に、年収400万円以下の人は借り過ぎには注意して下さい。

計画性をもって利用すれば、非常に便利なサービスなので、あなたの生活を彩るお助けツールとなってくれるでしょう。