50万円以下の借入れなら、上限金利で比較しましょう!

カードローンの実質年率は50万円以下なら上限金利で比較しましょう!

カードローンでお金を借りるとなると、やはり一番気になるのが金利(実質年率)ですよね。

ただ、金利の見方には注意が必要です。

というのも、多くの人は下限金利を見てしまうからです。

気持ちは分かるのですが、カードローン新規利用者で50万円以下の借入れの場合は、上限金利が適用されるのが一般的です。

つまり、実質年率が4.5%〜18.0%のケースでは、18.0%が適用されるのが一般的ということです。

では、ここで大手カードローン会社の金利(実質年率)を比較してみたいと思います!

大手カードローン会社 金利(実質年率)比較

カードローン 金利(実質年率)
プロミス 4.5%〜17.8%
アイフル 4.5%〜18.0%
アコム 4.7%〜18.0%
モビット 4.8%〜18.0%

上記の表を見てもらえば分かるように、プロミスのみ上限金利が17.8%で、0.2%ほど金利が低くなっています。

さらに、プロミスの場合、初めの利用者なら30日間無利息サービスがあります。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

こうやって比較してみると、金利という意味ではプロミスが一番お得になっています。

では、この0.2%の差がどれほどの利息の違いを生むのか見てみましょう!

支払う利息額を比較!

実質年率17.8%と18.0%で支払う利息額を比較してみようと思います。

ちなみに、利息の計算方法は以下の通りです。小数点以下は切り捨てられます。

利息 = 借りる金額 ✕ 金利(実質年率) ÷ 365日 ✕ 借りた日数

では、さっそく借りる金額ごとに利息を比較してみましょう。借りた日数は30日間とします。

金利の違いによる利息を比較
金利(実質年率) 借りた日数 借りた金額 利息額 差額
17.8% 30日間 1万円 146円 1円
18.0% 147円
17.8% 5万円 731円 8円
18.0% 739円
17.8% 10万円 1463円 16円
18.0% 1479円
17.8% 30万円 4389円 49円
18.0% 4438円
17.8% 50万円 7315円 82円
18.0% 7397円

差額を見ると、それほど大差は感じられないかもしれませんが、基本、返済は分割ですよね。

たとえば、30万円をカードローンで借りて、30日後に一括返済する人は少ないです。

多くの人は毎月1回の返済で分割で返済してきます。

だすると、完済する頃にはだいぶ利息額に差が出てくるのです。

たった0.2%と思われるかもしれませんが、長期スパンで考えると大きいので、金利で選ぶならプロミスがオススメということになります!