女性でもカードローンでお金を借りる人は増えています!

最近は女性のカードローン利用者も増えています!

プロミスには女性専用のレディースカードローンもあります。

通常のプロミスと違うのは、女性オペレーターのみが対応するという点だけで、他は全て同じです。

男性オペレーターから電話がかかってきたりするのが困るという人や、見知らぬ男性はちょっと苦手という人に便利なサービスとなっています。

今は、通勤電車でも女性専用車両がある時代ですから、カードローンも女性専用があってもおかしくないですよね。

企業で働いているOLさんや派遣社員はもちろん、パートやアルバイトをしている主婦の方も申込むことができます!

カードローンというと男性利用者が多いと思われがちですが、働く女性が増えている今の時代では、女性でもカードローンでお金を借りる人は増えています。

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

ショッピングが大好きな25才OLのAさんの場合

Aさん(25)はショッピングが大好きな丸の内で働くOLです。社内ではオシャレ番長のような存在になっています。

いつも季節を先取りして、その年の最新ファッションで身を包んでいます。

住んでいる賃貸マンションは1LDKなのですが、寝室はもはや洋服専用の部屋のようになっています。

Aさんは25才とまだ若いですが、大手外資系の商社に勤めていることもあり、給料やボーナスが同年代の女性に比べるとかなり高いのです。

ですから、それなりに高いブランド物も自分で購入することができます。

ある日、いつものように会社帰りにデパートをウロウロとしていたら、すごく好みのバッグを見つけました。

一目惚れするくらい気に入ったのですが、値段を見ると・・・安くないです。。

Aさんは給料日前で金欠だったのと、最近はちょっと買い物のしすぎだったので、財布にも銀行にもお金があまりありませんでした・・・。

でも、今日買わないと売り切れてしまうかも・・・と思うと我慢できません。

Aさんはプロミスのレディースカードローンでお金を借りて、このバッグを手に入れました。

翌日からは、もちろんこのバッグを持って出勤して、いつも以上にバリバリと仕事を頑張ることができました!

パートをしている主婦Bさんの場合

Bさんはタワーマンションの低層階に住む主婦で、旦那は一部上場企業の部長職です。

Bさんは週に3回ほど近所のスーパーでパートをしています。

お金目当てというよりも、社会との接点をもっと作りたいと思って、半年前からパートを始めました。

タワーマンションは高層階と低層階で階級が分かれているところがあり、高層階の住民はお金持ちが多い傾向にあります。

ですから、高層階に住んでいるママ友とランチなどに行くと、普段は自分では行かないような高級レストランに行くことになるのです。

ある日、Bさんはママ友たちにランチに誘われました。今度は3800円のホテルのコースランチです。

Bさんは内心「ランチに3800円って高すぎる・・・」と思ったのですが、断ると影で何を言われるか分かりません。

さらに、ホテルに行くとなると、それに見合った洋服も必要です。ママ友たちはとにかくオシャレなのです。

Bさんだけ普段着で行くわけにはいきません。

パート代だけでは足りなかったBさんは、プロミスのレディースカードローンでお金を借りて、新しい洋服を買ってランチに行き、ママ友たちと良好な関係を今も保っています!