プロミスなら最短10秒でお振込み!

プロミスの瞬フリ

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をプロミスに登録すれば、24時間最短10秒でお振込み可能です。詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。
カードローンで
当日振込してもらう方法やカードを即日発行してその日のうちにお金を借りる方法を詳しく解説します!

どうしても今日中にお金が必要な時ってありますよね?

取引先から急に飲みに誘われたり、好きな子と急にデートすることになったり、欲しいものがあったり。

もしくは、子供が病気したなどで、急遽、予想外の出費が必要になる時などもありますよね?

自分の銀行口座にお金があればいいですが、給料日前やボーナス前で十分な預金がない場合も多いですよね。

そんな時に上手に活用したいのが、即日発行・当日振込してくれるカードローンです!

ただし、今日中にお金を借りるには、ちゃんとした知識と手順で申込をする必要があります。

当サイトではカードローンで即日振込してもらうための手順について詳しく説明していますので、最後までしっかり読んで下さいね!

土日祝日だからって、14時過ぎだからって諦めることはないですよ!

カードローンで即日発行・当日振込してもらう手順

当日振込には14時までに契約完了する必要があります。そのためには、12時までに申込しておきたいですね!

カードローンでお金を借りる手順ですが、大まかに言うと「申込 → 審査 → 契約 → 融資」という流れです。

プロミスのWeb契約なら当日振込も可能です!

ただし、当日振込してもらうには平日14時までにWEB契約完了が必要です。

14時までにWEB契約完了ということは、理想は12時までに申込しておきたいところです。

といっても、銀行が閉まる15時以降でも即日融資してもらう方法もありますので、後ほど紹介しますね!

(1)申込

パソコンやスマホでインターネットから申し込んで審査は最短30分!

まず、カードローン会社のウェブサイトから申込をします。

数年前なら最寄りのATM(自動契約機)で申込をするのが一般的でしたが、インターネットが普及した今の時代ではパソコンやスマホ、携帯電話でウェブからの申込みが一般的になっています。

ATM(自動契約機)だと誰かに入るところを見られてしまうリスクがあるので、ウェブから申込む人の方が今は圧倒的に多いですね。

実際、ウェブ申込ができるようになってから、カードローン利用者は大幅に増えたそうです。

申込時には「名前」「生年月日」「家族構成」「電話番号」「自宅電話の有無」「自宅の住所」「勤務先の情報」などを入力します。

ここは冷静に間違いなく入力しましょう。また、ウソの情報を入力しても必ずバレますので正確に入力します。

申込が完了すると、最短30分で融資できる金額が分かりますが、これは正式な審査結果ではありません。

審査はこの後、正式に行われます。

(2)審査

派遣社員やアルバイト、パートなどでも毎月安定した収入があれば審査可能です!

当日振込をしてもらうためにプロミスのWeb契約で申し込んだ場合は、必要書類をスマホや携帯電話のカメラで撮影して、指定のメールアドレスに撮影した画像を送る必要があります。

審査の一番のメインは勤務先の在籍確認です。

あなたが本当に申込時に入力した会社で働いているのかをチェックします。(というのも、無職なのに働いている振りをして、お金を借りようとする人がまれにいるからです。)

在籍確認の方法は、カードローン会社の担当者があなたの勤務先に電話します。

といっても、「私はプロミスの◯◯ですけど、□□さんいらっしゃいますか?」といった電話は絶対にしません。

基本的に担当者の個人名で電話がきます。たとえば、担当者が「佐藤」という苗字なら・・・

「わたくし、佐藤と申しますが、□□さんはいらっしゃいますか?」といった具合であなたの勤務先に電話をします。

その電話にあなたが出れば、その場で本人確認が行われ、すぐに電話は切られます。

あなたが外出していたら、電話に出た人は「只今、□□は外出しております。ご用件をお伺い致します。」などと答えると思います。

すると、カードローン会社の担当者は「直接、□□さんにご相談したいことがありますので、改めてご連絡いたします。」といった具合に答えます。

そして、これであなたの勤務先の在籍確認は完了です。

なぜなら、「外出中 = あなたはその会社で働いている」ということだからです。

勤務先の在籍確認は、正社員じゃなくても、派遣社員でもアルバイトでもパートでも行われます。20歳以上のアルバイトをしている学生も同様です。

カードローンは年収によって融資額も変わってきますが、それ以上に大事なことは毎月、安定した収入があることなので、アルバイトなどでも収入の大小に関わらず、毎月定期収入があれば、返済できる範囲内でお金を借りることができます。

つまり、職業や年収に制限はないということです。派遣社員、契約社員、アルバイト、学生、パートをやっている主婦でも自身に安定した収入があれば申込できます。

主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。たいてい、6ヶ月以上1つの職場で働いてれば審査に通ることが多いようです。

在籍確認後は、あなたの年収や他社借入額などを考慮して、融資できる金額(契約可能額)を算段します。

そして、あなたの携帯電話に審査結果の連絡がきます。(この電話にはできる限り出るようにして下さい。)

カードローン会社の営業時間である9:00〜21:00なら、申込から審査結果までは1時間前後と思ってOKです。早ければ最短30分で連絡ができます。

審査に通ったら、次は契約です。

(3)契約

当日振込してもらうには銀行口座を登録して契約!

契約では、融資額をあなたの銀行口座に振り込んでもらうために、銀行口座を登録します。

もし、あなたが三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っているなら、迷わずプロミスで申込むことをオススメします。

というのも、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をプロミスに登録すれば、24時間最短10秒でお振込み可能だからです。

「瞬フリ(振込キャッシング)」というサービスなのですが、詳しくはプロミス公式サイトをご確認ください。

三井住友銀行かジャパンネット銀行以外の銀行口座を持っている人でも、プロミスのWeb契約で申込をすれば、当日振込が可能です!

(4)融資

銀行の営業時間は15時までまでなので15時までなら当日振込!

どのカードローン会社のHPにも、「当日振込を希望する場合は、14:00までに申込して下さい。」と書いています。

これは銀行の営業時間が関係しています。というのも、銀行の振込は15時よりも前なら当日振込ですが、15時以降だと翌日扱いになるからです。

カードローン会社は21時まで営業していますが、銀行は15時までなので、当日振込を希望する場合は、それ以前に契約まで終える必要があるのです。

しかし、実際には14時ちょうどにウェブから申込しても遅いというのが現状です。

なぜなら、あなたの他にも融資の申込をしている人がいるからです。

審査は基本的に申し込み順です。つまり、あなたの前に融資申込者が多ければ、そんぶん、あなたの審査開始も遅れます。

その結果、14時にウェブから申込しても、審査が終わる時間が15時以降になってしまい、当日振込が不可能になってしまうのです。

ですから、即日振込を希望するなら、申込は早ければ早いほどいいということになります!

理想は12:00までにウェブから申し込むことですね。

ただし、それ以降に申し込んだとしても、当日振込が無理でも、今日中にお金を手にする方法もあります。

それはカードを即日発行してもらうやり方です。その方法を今から説明しますね!

15時以降でも即日融資してもらう方法

15時以降なら自動契約機から引き出し!

まず、ウェブから申込します。

そして、審査(最短30分)が終わったら、必要書類を持ってすぐに最寄りのATM(自動契約機)に駆け込みます。

ATM(自動契約機)の営業時間は9:00〜22:00です(※一部21時もあります)。しかも、土・日・祝日も営業しています。

ATM(自動契約機)に駆け込んだら、そこで審査を受け、カードを即日発行してもらいます。

そして、そのカードを使ってATM(自動契約機)でお金を借りることができます!

つまり、22:00前にウェブから申し込んで審査に通れば、ATMでカードを即日融資してもらい、その場で即日融資してもらうことが可能ということです!(一部のATMは21時まで)

といっても、このケースでも遅くても20時までにはATMに着いていたいところです。

そして、この方法は銀行が休みの土・日・祝日でも即日でお金を借りる方法でもあります!カードローン会社自体は土・日・祝日でも営業しているからです。

以上がカードローンで当日振込、即日発行してもらう方法です。いずれにせよ、なるべく早い時間帯にウェブから申込むことが大切ですね。

>>プロミスに今すぐ申込む<<

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。

※当サイトは2015年5月26日時点の情報です。店舗・自動契約機・ATM情報は随時変更されるため、 必ずプロミス公式サイトをご確認頂けます様お願い致します。